久しぶりにニルヴァーナを流しているのですが、必ずそういったバンドは、ちゃんと凄いように思えます。
カートコバーンの損の腕前が、物凄い出ているのと、さすがソングライティングが、至極優れていると思います。

天才って少なく死んでしまう物体だなとあたしは思った物体でした。
昔、とある人が女王に対して語っていました。
フレディ・マーキュリーやマークボランは、天才だから手早く死んだという、確かに何かで秀でる人というには、果たして早死としてしまうのかもしれません。

長生きしてこそだと、あたしは思いますけれどね。
アーティストのキャラというものがあるのでしょか。
旗手のようなものがあるのかとう風に考えてみました。

この前、少しだけガーデンのペットヘアカットを通していました。
もちろん、倍加っぱなしは良くないと思ったのですが、ますます言うと、父が動けないので、切ってしまいたかったのです。
ムードがえてみると、その道の達人や天才というのは、芸術だけではなくて、色々あるというのですね。
ペットヘアカットの天才だっているはずですが、そういった人が、早死にするわけでもないですし、でも選手は、早死にするというこれがさっぱりわからなくなってしまったのでした。

選手も、ポールマッカートニーなどは、たしか依然生きていたと思いますし、生き死にという、天才は縁はないのかと考えた物体でした。

たいてい、ニルヴァーナを聞くと、有難い記念が蘇ります。青春の記念ですね。髪や頭皮が異常に匂う!あなたの対応策に問題があるのかも。詳しくはこちら