自身は日々初夢をしっかり覚えていようという新春から3お日様ぐらいまでは気持ちを張って寝るようにしています。なぜならほとんどしないと初夢に何を見たのか忘れてしまうことがあるからです。今年の望みは幸いにも覚えていました。なぜなら珍しい夢だったからです。自身はそれほど鳥獣が好きではないのも関係しているのかもしれませんが、鳥獣が出てくる望みはまるで見ません。ただし今年の望みは金魚の望みでした。大きな金魚が綺麗な水槽でひらひらという泳いでいてそれはそれは相当綺麗な様子でした。望み占いで調べて見たところものすごく巨大な金魚の望みを見た信条、命運の増量を意味しておる。そして極めて立派で大きい金魚が泳いできた時は、やけに大きな幸運が回る所作の暗示です。こういう望みを見た時は、積極的に行動することで他な形で幸運を得られることができるそうです。そして、見たこともないような大きな金魚が現れた望みであった場合は、自分自身の需要が大きいことや大きなテンションを有するという暗示があります。状態では叶わないようなことを望んでしまっているようです。こういう望みを見た時は、身近なことでも幸運を得られる時節は訪れていますので、需要やテンションだけを追わずに調子を楽しむように努めることが大切だそうです。このように金魚の望みといってもいくつかの意味があるようです。自分のテンションが大きすぎることがないみたい意欲を引き締めて今季年間も家中健康で幸せな日々ができるようにしていきたいです。アシドフィルス菌ビフィズス菌