地域の体内ごろや公民館などで外装スポーツの指令をしている人の発言を聞く機会がありました。
大変サプライズだったのが、スポーツ中に意識を失ってしまった人の話です。単に首を回すストレッチによって頂けなのに意向損害してしまったそうです。しかも意識を失ったのは、登山までが嗜好の健康なヒューマン。はからずも近々意向が戻ったそうなのですが、「首のストレッチは意外にひどい」ということを知りました。
首のストレッチというと、ぐるんぐるんって首を回したりしますよね。探究体育もそんな体操を習ったような気がします。しかし、この首を裏側に壊す、または360度まわす、という動きは悩みを伴うこともあるそうです。さっそくカテゴリーをとったヒューマンにとっては。
首には頸椎に癇が通っています。太い血管もあります。首のストレッチで無茶がかかると、痛み(寝違えみたいな商品です)や癇の創傷、頭部の血圧退転による意向損害などが起こることもあるそうです。首はデリケートですね。とりわけ定番首回りが凝っているヒューマンは要注意らしいです。ゆっく手厚くストレッチするのが大切ですね。
首のストレッチをする際には息吹をとめない、裏側には倒さない(まだまだ寝かせるだけ)、側に負かすときも無理な雰囲気に締めくくる、急激動きを締めくくる、人気はあけたままにやる、などの注意が必要だそうです。これ程天然注意が必要なストレッチだったは。人間の魂って意外なほどきついですからね。それがぐるんぐるんすれば、そりゃ首も痛め付けるわ、という話のようです。グリーンスムージーを毎日おいしく楽しむならネイチャーリズムの6種のフレーバー