あたいはついこの間2017型1月々9お日様にアダルト選択でした。それであたいが頑張ったことを言いたいと思います。女児みんなに共通して頑張ったことだと思いますが,アダルト選択といったら女児は「振袖」を着るのが常客ですよね。恐らくはいざアダルト選択で着ける振袖は2度目なんですけどね。前撮りというものがあって大体のあなたはやるんですけど,アダルト選択の前に動画屋くんにお願いして工場で思い出のお動画を撮るのですが,その時にも振袖をきるのでたいてい振袖の大変さはすでに知ってるんですよね。あたいも覚悟してたんです。アダルト選択を先駆けで,振袖を着て範囲が悪くなったという届け出を聞いたことがあります。あたいは前撮りを経験して「それほど?」と思ったのがお便りでした。但しわたしはゲームのアダルト選択で思い知ったのです。当日あたいは14中からの選択で着付けが11中からでした。午前はくれぐれもいち早くはなかったのですが,少なくそれではさらに早くに着付けをするシーンもあるそうで,わたしはあまり朝早くに振袖を着ていたら範囲が悪くなっていたと思います笑 振袖って濃密んですよ。おなかが。これもかってぐらい締め付けるんですよ。帯がわりってミルクのあたりに来るので,いまやミルクがなくなるかと思いました。おなかも痩せるんじゃないかってぐらいでした。着付けしてくださったのは達人ぽいお年寄りのキャラクターでした。容赦を知らないんですね「きつくない?」と言いつつ全力で締めてくるんです。大丈夫ですと答えるその見解はグングン死にそうで「うっ」やら「ぎゅうう」という意見が流れ出るほどでした笑着付けには私的には1チャンス前後で終わったと思います。振袖って何枚も重ねて中に着てるんですよね。着ていくごとに締める役割が強くなるんです。やっとの結果終わり最後は髪の毛,メークアップ,着付けのエンディング確認が行われます。別のホールへ引っ越ししエンディング確認するほうが振袖をみて,「こいつダメだよね」「どなた着付けしたあなた」という意見が聞こえたのです。「ごめんね女の子」というアクセントだけ言われ着付けをしたホールに戻されました。そうなると帯を解かれ振袖を脱がされ一番初めの身だしなみにされたのです。あたいは苦しかったのでなにがともあれ開きされたと思いました。実に出来ばえが可愛くなかったようです。再び初めから着付けを通じてくれました。が,しかし1度目の時と最初から締めて浮き出る調節が異なりました。必死です。回を増す実例に締めが強くなっていく…死ぬかと思いました。まっ最中まったく苦しすぎて涙が出そうになるほどです。本当に笑えるほどです。「耐え難い?確か?」心の中では「どうしてもフルパワーで締めてきてるのにづらくないとおもう?!」と言っていました。2度目のエンディング確認では引っかからず安心着付けは終了しました。振袖を着ての状態もクルマも,既に歩くことすらも疲れました。範囲悪くなったというのも分かりました。正午ご飯を食べるも胃に入って加わる気がしませんでした。キツすぎて胃にこいつ届いてるのかなディナー…と思いながら食べていました。ことごとくそんなこんなでわたしは安心アダルト選択を去ることが出来ました。色んなキャラクターからの賛美,五型風の仲間,医師に会えたことは嬉しかったです。あたいが頑張った暖簾,振袖のキツさに耐えた事です。子どもの虫歯予防をするには市販の歯磨き粉ではダメな理由